インドワークキャンプ団体namaste! ビシュナプールハンセン病コロニー

キャンプの部分

投稿日:

こんにちは、名古屋支部の舟橋彩乃(あやの)です。
3月キャンプを終えて先日インドから帰国し、今は新生活に向けた準備に奮闘しています。

私は今回、
今まで継続的にキャンプを行ってきたマニプールハンセン病コロニーに加え、9月から新しいコロニーでキャンプを開くための下見&調査を行う「新コロニー開拓キャンプ」に参加しました。
色々なことがありすぎて全部をブログに書くことが難しいので、今回はキャンプ中の心に残った出来事を書きたいと思います。

コロニーの中をぶらついていた時に、出会った一人のじいちゃん。
このじいちゃんと、拙いベンガル語&英語で会話してみる。

ハンセン病による後遺症で、足が痛むということ。
そして、物乞いによってお金を得ているということ。
(インドのハンセン病快復者は、駅や市場などの人が多いところに行き、物乞いをすることによって生計を立てている場合が多い。)
娘がいること…。
いっぱいいっぱい話をしてくれた。

長い時間話して、そろそろその場を立ち去ろうとした時、
じいちゃんが私の目を見ながら、こんなことを言ってきた。

「あなたたちは、日本からインドに来ている。しかもインドの、ハンセン病コロニーに来て、住み込んでいるんだよね。すごい!goodだよ!」

じいちゃんの言葉に、私はびっくり。

今回は下見キャンプだから、ワークをしていない。
ただ、コロニーでみんなと一緒に生活しながら、村人と関わっているだけ。
もちろん今後の活動に繋げていくためにやっていることだけど、
ワークをしないで滞在している私たちのことを村人はどう思っているのかな?
って疑問もちょっとだけ感じていた。

だけど、私たちがやっていることは、村人にとって決してマイナスではない。
それを実際に聞けたことが、嬉しかった。

”ワークキャンプ”の”キャンプ”の部分って、やっぱり大事なんだなぁ。
コロニーで村人たちと一緒に生活することが大切なんだ。
そう思えた出来事でした。

 

**************************************************************

ご存知ですか?

世界には社会から隔絶されたハンセン病回復者の村があることを。

 

そこに住む人々が1日1ドル以下で暮らしていることを。

 

私たちはそんなハンセン病回復者のために自立支援活動を行っています。

 

様々な形でインドハンセン病回復者の方の支援が出来ます!

 

↓↓ご支援方法はこちらから↓↓

**************************************************************

 

-インドワークキャンプ団体namaste!, ビシュナプールハンセン病コロニー

執筆者:

関連記事

no image

次回ビシュナプールキャンプの危機

こんにちはー!初めまして、つくば支部の佐竹篤紀(あつき)です。 前回初めてnamaste!でのキャンプに参加した新参者ですどうぞよろしくお願いします 突然ですが前回僕が参加していたのは実は下見キャンプ …

no image

ワークキャンプで分かる自分の長所・短所

はじめまして!今回ブログを担当させていただきました、名古屋支部の小栗涼太です! 今回は個人的な話なのですが、僕がワークキャンプに参加して「良かったな」と思ったことの一つを紹介したいと思います。それはズ …

no image

帰国しました!

こんにちは、つくば支部の小川龍太郎(ろん)です! 3月にマニプール村キャンプに参加してきました! 今回のマニプール村キャンプは、キャンパーが全員学生だったということもあり、いろいろなハプニングが起こり …

no image

WCFに使うnamaste!の看板が完成しました!

こんにちは! 名古屋支部所属、名古屋大学2年の川原脩汰(しゅうた)です。 初めてのブログ投稿となります。よろしくお願いします!   さて、今回私達namaste!が参加する「ワールドコラボフ …

no image

初インドだぜ、でんでけでん

こんにちは。 名古屋支部二年の小倉優悟です! 僕はこの春namaste!に入り、 次の九月に初めてインドへ行きます。 まだまだ疑問がいっぱいです・・・。 「『ちょろ!キャンプするゴリ!!!』ってなんだ …