チャクドラコロニー

◆地図

◆コロニーの正式名称
Chakdola Leprosy Colony

◆家族構成
・家族数:16
・総戸数:13
・ハンセン病回復者数:8

◆人口内訳
男性:17人 女性:17人 子供:11人 計:45人

◆建物・家屋の状態
1993年にパンチャヤット政府により全ての家が建てられた。しかし、その内7~8年前に雨で3家屋が倒壊した。そのほかの家屋も、トタン屋根に穴が開いて雨漏りがしたり、雨期に床から水が湧いたりする。壁の状態や窓の立て付けが悪く、通気性の悪い家屋が多い。

◆コロニーのインフラ基本情報
・水道:Tubewell(ハンドポンプ)2つ、井戸が1つあるが、ハンドポンプの内一つは鉄含有の赤い水が出るため使用不可。井戸は雨期になると水が使えなくなるため2km先のタンクから取水。(乾期には水が少なくなる物の涸れることはない。)
・電気:ECL(Easten Coal Limited)により提供されているが、朝方から昼にかけて停電したり、雨風が強いとしばしば電気がストップしたりと電力の供給は断続的である。
・道路:舗装されている。
・学校:コロニー内にはなく、2km先の小学校、3km先の高校に徒歩、自転車で通学している。

◆生計:村の男性は主に近場の煉瓦工場で働き生計を立てている。

 

投稿日:2019年5月26日 更新日:

執筆者: