menu

インドワークキャンプ団体namaste!

【ビシュナプールキャンプ】’17ブログリレー第4弾!

ノモシュカール
今回のビシュナプールブログリレーは
つくば支部3年のみわでぃと呼ばれている、酒井美和が書きます!
まず、「みわでぃ」という呼ばれ方は一体なんなのか!?
〜ディ」というのは、ベンガル語で年上の女性に対して使う敬称です。
日本語だと、「〜姉さん」のような感じかな。
私は、ナマステつくば支部発足時からずっと最年長なので、
メンバーからは「姉さん」と呼ばれたり、
インドではインド人キャンパーから「みわでぃ」や「ディディ」と呼ばれたりしています。
こんな感じで、ナマステメンバーは日本でもベンガル語を使いながら会話をしています。
キャンプに参加するまで、ベンガル語という言葉の存在すら知らないメンバーですが、
帰国時には大体自己紹介くらいはできるようになっています。
今回わたしは、ビシュナプールキャンプ初参加なのですが、
とくに、ビシュナプールのメンバーは
ベンガル語を学びたい欲が半端ではないなとびっくりしています!
わたしも、ベンガル語が好きになったメンバーの一人で、
ナマステに入って活動を始めて、ベンガル語の虜になり、今年から大学を変えてしまいました!
毎日ベンガル語を勉強する生活を春から送っていたのですが、
村人のことを考えながらする勉強ほど楽しいものはないですね。幸せです。
こんなことをメンバーに話すと、結構びっくりされるのですが
それくらい村人のことが好きなんです。
そして、ついに!渡航が明後日に迫ってきました〜。
わたしは、ビシュナプールキャンプに参加する前に、
コルカタでリサーチをしたり、マニプールキャンプに参加したりするので、
他のビシュナプールメンバーより、早く渡航します。
本当は、コルカタでのリサーチのことや、マニプールのことももっとお話したいのですが、
長くなってしまうので、またの機会にします。
次回のブログリレーは、夏よりもアツい、とってもチャーミングなレツが書きます。
お楽しみに〜
ステキな夏を!